お花

伐採を行なってステキなお手入れ|魅力的なサービス

大きな影響を及ぼします

お庭

高い効果が期待できるもの

農業を行う際には、田畑が基本的には対象になるので、間伐材は直接的には関係しません。しかし農業を行う際に間伐材は、間接的に関係するのです。以前までの日本は、日々の生活で使用する燃料といて、石油や石炭をあまり使用していませんでした。その代わり以前の日本は里山を整備して、そこから出る間伐材を燃料として使用していたのです。間伐材はそのままでも使用できますが、薪として使用するには、一般的にまず乾燥させます。乾燥させると水分が少なくなるので、燃焼効率が高くなるのです。また間伐材をさらに有効活用する方法として、炭にすることも盛んに行われていました。このように間伐材は、燃料としての高い効果が期待できるものなのです。

獣害の減少に繋がります

このように間伐材を採取すると、里山は木と木のあいだが広がるようになります。木と木のあいだが広がると、そこに太陽光線が入り込み易くなるのです。太陽光線が入り込むことで、里山のなかは見通しが良くなります。見通しが良くなると、実はイノシシなどの動物は、発見され易くなるので立ち入らなくなるのです。近年は田畑におけるイノシシなどの獣害が、大きな問題になっています。その点で間伐材を利用すると、イノシシなどが近寄らなくなって、獣害の減少に繋がるのです。また間伐材を採取する際には、同時に落ち葉を採取することができます。落ち葉を蓄えておくと、田畑の肥料にもなるために、この点でも農業に有効なのです。このように間伐材を利用することは、農業に大きな影響を及ぼします。

Copyright© 2016 伐採を行なってステキなお手入れ|魅力的なサービス All Rights Reserved.