お花

伐採を行なってステキなお手入れ|魅力的なサービス

タイプ別おすすめ

砂利

選ぶ際のポイント

芝刈りを今までにしたことはおありでしょうか。芝刈りをする際には、芝を刈るための芝刈り機が必ず必要になります。しかし、その芝刈り機にも様々な種類があります。それぞれの特徴、用法をしっかり理解した上で、選ぶことが大切です。代表例をあげてご紹介します。芝刈り機にはいくつか種類があるようです。手動タイプの芝刈り機には車輪と刃がついていて、人が力を入れて押すことで、芝を刈れます。自宅の雑草の手入れなど、小範囲をこまめに手入れする時に便利です。また、電動タイプの芝刈り機は、広範囲の芝を均一に刈ることができます。充電や電源コードで動き、広い庭を、休みの日など時間のある時に一気に刈りたい時に便利です。エンジン式は最もパワーがありますが、コストがかかるため、専門家が使うことが多いようです。

メリット・デメリット

では、一般の方が多く使う手動タイプと電動タイプ、迷った時には、コストや手間を鑑みた場合、どちらがよいのでしょうか。また、注意点はなんでしょうか。手動タイプは、動力が手動なので、コストはあまりかからないように思えます。また、本体も安価です。しかし、一般的に刃の取り替えができないため、消耗したら本体ごと買い換える必要があります。また、葉が伸びているほど、刈り取りにかなり力が必要になります。芝刈りに興味が出てきて、まだはじめたばかりの方に、お試し感覚で人気があります。一方、電動タイプは、家庭電力で動くので、電気代がかかります。また、規定されている以上に無理に力をかけると、刃こぼれしてしまう可能性があります。手動タイプのように力を入れずとも、スムーズに草刈りができるのが電動タイプのメリットです。軽い力で動かすことができ、刃も気軽に交換できるので、、長期的に芝刈りを続けたい方に人気があります。

Copyright© 2016 伐採を行なってステキなお手入れ|魅力的なサービス All Rights Reserved.